情報の掲載先

仕事の情報は専門誌や求人誌に掲載されるのが以前のやり方でした。しかし最近では紙媒体を使って、求人情報を探す人が激減しています。その理由はインターネットが普及したからです。 インターネット上でスペースを確保する場合、ほとんどコストが必要ではありません。長い時間をかけて能力の高い人材を見つけたい利用者は、掲載コストに気を回します。じっくり有能な人材を探すとなると、求人情報の掲載期間が長くなるからです。紙媒体だと掲載しているだけで出費がかさむため、インターネットが活用されるようになりました。 しかし適当な場所に情報を書き込んでも、誰も見てくれません。そこで求人誌と同じ役割を持つ、求人サイトと呼ばれるものが活用されています。

求人サイトの目的は利用者の希望に沿った人材を見つける事です。そのサービスの幅は広く、アルバイトから正社員まで対象にしています。しかし求人サイトから情報を探すとなると、雇用形態の管理がされていないサイトは使いにくいと言えます。 だからジョブリンクのように、特定の雇用形態だけを掲載するようになったのです。ちなみにジョブリンクは派遣社員の情報を集めています。派遣社員とはジョブリンクのような雇用会社と契約をして、特定の企業の仕事をするという形態です。 そのメリットは社員がトラブルを起こした時、ジョブリンクのような雇用会社に責任を訴えられる事です。個人だけでは責任が取りにくい場合も、会社なら解決の道を模索できるケースもあります。